読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

999

なるべくシンプルに、なるべくストレスフリーで。

しずかが癌になった:03:ヘロヘロにもほどがある

しずかは片方のおっぱいと脇のリンパ節を取ったけど、まだ足に飛んだのが残っていた。それを触らせてもらうとコリッとした触感だった。

 

残った癌をやっつけるべく始まる抗がん剤の治療について、しずかはいろいろ調べていた。でも調べれば調べるほど不安になって胸がぞわぞわすると連絡してきた。

 

確かに病気がキーワードだと是非が分かれる記述は少なくない。抗がん剤治療が当たり前のように書かれているものもあれば、むしろ不必要だと書いている人もいる。

 

わたしは顔を見ながらもらえる情報集めに変更した。取材先の病院で、医療に強いコピーライターさんに、病院の媒体を扱ってる代理店の営業さんに、友人のアロマテラピストに、かかりつけの鍼灸師さんに……情報は山ほどもらえた。

*当時、快く知恵をくださったみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

ただ、情報を入手すればするほど、迷う!届いた資料を読めば読むほど、難しい!これを全部渡して吟味しなさいというのは、迷子になった森の中で日本地図を渡すようなもの。でも、わたしだって判断するには荷が重すぎる。いや出来ない!……結局そのままバラバラとほぼ全部伝えてしまった。orn

  

・温熱療法

・フコダイン

・高濃度ビタミンC

ホメオパシー

・CCD-17

・免疫細胞療法

・自分の癌を治したという漢方薬

ナチュラルキラーなんとか

・ちょっと変わった癌患者さんの会

……もうあんまり思い出せないのだが、直接聞いたのとネットの情報を合わせるともっと沢山あった。たぶん。

  

その中で鍼灸師さんに教えてもらったちょっと変わった癌患者さんの会〟にしずかは興味をもった。会員のみなさんが癌のプロ(呼び方に語弊があったらごめんなさい)なのだからなんとなく心強い。でも、その時わたしは半信半疑が精一杯だった。

 

 

そうこうしている内に、しずかの抗がん剤治療が始まった。

 

 

何度目かの治療を終えたしずかは見るからにヘロッヘロで、首はわたしの半分くらいの太さになって背丈さえも実際よりぐっと小さく見えた。このままだと癌ではなく抗がん剤の〝治療で死んで〟しまいそうだった。

f:id:coo963:20170329200001j:plain

▲その頃のしずかイメージ図。絶食し過ぎたびまる子ちゃんのようなヨレ感。

 

 

しずかがヨレてる頃、個別に連絡を取り合っていた友人たち、ひとみ、もとみ、い◎み、くるみの4人でネット上に連絡グループをつくり〝チームしずか〟的なやりとりを始めた。(しずかはこの事をココを読むまで知らないと思う)

 

も:しずかが抗がん剤治療をやめたいらしい。

く:ほんでも転移した癌を放置しといたらかんやろ。

い:明日仕事の帰りにしずかの顔見てくるわ。

ひ:ぁ、あたし気功ができるかもしれん!←出来ることさえ忘れてた人

 

ひとみは時間を見つけては気功を施しに行った。効き目の有無よりダメ元で何でもしたかった。←予想に反して効き目らしきものがあって驚いた(失礼)。

 

わたしが会いに行った時も、治療後数日経ってたのに〝座っておれん〟と横になってすごくしんどそうだった。体力が戻るのを待つしかない。待って待って少し回復した頃に次の治療がやってくる。………。………。どんどん痩せていく。

 

 

ある日しずかが〝ブログというのを書いてみたい〟と言い出した。すぐに用意した。それがキッカケでは無いが、時期的にその頃からしずかの表情がぐっと強くなり、ひとつ何かがふっきれたみたいだった。

 
実際のキッカケとなったであろう〝ちょっと変わった患者さんの会(本当の名前は違います)〟については、しずかと相談してブログに書くか決めたいと思っています。
 


---

*タイトル「しずかが癌になった」は、今から年半前に癌を宣告された〝しずか〟と、積年の友人たち今も続いているやりとりの記録です。良い方向に落ち着いて来たので記憶をたどりながら少しづつUPします。

 

*西洋治療・東洋治療の是非や、精神論的なものではありません。癌になった人、大切な人を支える人に、もしかしたら何かヒントになることがあるかもしれない。と、しずかとわたしで相談して書くことにしました。


*一部仮名表記があります。許可をいただいた方は実名です。

---

しずかが癌になった:02:毛がぬけた

手術の翌日、しずかからのメッセージでまだ、しんどいから待て!がかかり、犬のように従順に待った。その翌日〝来てよし!〟の合図とともに高速に乗って岐阜県の病院まで走った。

  

しずかはおっぱいあたりから出てくる汁っぽいものをためる箱を首から提げてて、幼稚園児が弁当箱ぶらさげてるみたいだと二人で笑った。でもきっと痛いのをだいぶ我慢してたんだと思う。

  

手術後しばらくして本格的な治療がはじまった。それと同時にわたしたちも素人ながら出来ることを探しまくった。(素人がしゃしゃり出ると大概は良いことが無いのだが、わたしたちはそれなりに発見があった。)

  

もとみやわたし同様しずかを心配しまくっていたひとみは、むかーし覚えたという気功を改めておさらいし直し、しずかの痛みをやわらげる試みを繰り返した。←これがなかなか良い感じという発見。

  

癌の摘出手術をしたら次は抗がん剤治療になるよね。そうすると毛が抜けるよね。だったら帽子かウィッグいるよね…これはわたしの出番だわ!

  

ちょうど数年前、わたし自身がつるっぱげになったので、当時使用した医療用かつら(高いやつ)を保管していたのだ。

*つるっぱげ←自分自身に向けた言葉なので使うの許してください。

 

f:id:coo963:20170324231252j:plain

▲つるっぱげ克服後のわたしと、まだ地毛のしずか。

  

しずかはそのウィッグを美容院で自分風にアレンジしてその日に備えた。でも、結果的にしずかがそれをつけて外出することはなかった。ウィッグが必要になるほどツルツルになる前にしずかの中でいろいろな心の変化があったから。←ここ大事。さすがしずか。

  

くやしいことに、しずかの頭蓋骨はきれいなまん丸で、とても形が良いので、ちょっと胡散臭い観音様風に見える。悪くない。わたしの時はどっから見ても落ち武者のような気の毒な風貌だったのに。(_-)

 

---

*タイトル「しずかが癌になった」は、今から年半前に癌を宣告された〝しずか〟と、積年の友人たち今も続いているやりとりの記録です。良い方向に落ち着いて来たので記憶をたどりながら少しづつUPします。

*西洋治療・東洋治療の是非や、精神論的なものではありません。癌になった人、大切な人を支える人に、もしかしたら何かヒントになることがあるかもしれない。と二人(しずかとわたし)で相談して書くことにしました。

---

 

しずかが癌になった:01:どうしよう

2015年秋、もとみから〝しずかが癌になってまった!〟と連絡がきた。がーん。

 

f:id:coo963:20170324203046j:plain

 

もとみは毎年にしずかと一緒に癌検診を受けていた。でも連絡が来た時期は冬に近い秋。ちょうどウチの父さまが生死をさまよい某病院へドクターヘリで搬送され奇跡の生還を成し遂げたタイミング。

 

しずかガンになったん?はぁ?なにそれ?ガンってあの癌?死んでまうやつ?ぇぇぇ!うっそー!
  
やっと父さまが助かったのに、今度はしずかがいなくなる…どうしよう。そんなん絶対むりむりむり!どうしよう。どうしよう。どうしよー!--- 癌だとすぐ死んでしまうように思ってしまったわたしはオロオロだった。

  

あれ?でも半年前の春の検診で大丈夫やったって言っとったし、夏に会ったときもそんな話でてなかったのに…なんで今なん?

  

確かに、春には癌はなかった。その数ヶ月後しずかは自分で異変に気づいた。病院では癌という診断にはならず様子を見ることになった。それからほんの数ヶ月後、しずかはステージ3bの乳がん摘出手術を受けることになった。

  

癌だと告知された途端ベルトコンベアに乗せられたように、あれよあれよという間にお決まりの治療が当たり前のように進んでいった。端で見ていてもしずかの体調とか気持ちは蚊帳の外のような勢いだった。
  
そして、それは〝癌初心者だったから〟だと、しずかも私たちも後になって知ることになった。同時に、わたしたちの癌克服への珍道中もなかなかの発見をすることになった。(ちょっとは誰かの為になるかも?な珍道中なので、思いだしながら順番にUPするつもりです。)

  

 

---

*タイトル「しずかが癌になった」は、今から年半前に癌を宣告された〝しずか〟と、積年の友人たち今も続いているやりとりの記録です。良い方向に落ち着いて来たので記憶をたどりながら少しづつUPします。

*西洋治療・東洋治療の是非や、精神論的なものではありません。癌になった人、大切な人を支える人に、もしかしたら何かヒントになることがあるかもしれない。と二人(しずかとわたし)で相談して書くことにしました。

---

 

スパム対策:iCloudのカレンダに届く偽イベント出席依頼の削除

MaciPhoneiCloudカレンダーに入り込むスパム「イベントの出席依頼」を削除しました。

 

最近 Mac や iPhoneiCloud アドレス宛にどう見ても怪しい「出席依頼」が届きます。流行っているようで何度も入ってくるので、削除の方法を書いておきます。
 
この「招待スパム」は色々な種類が出回っているようですが、うちに届いたのは以前 Facebook で「一緒にいる人」として勝手にタグ付けされている!と問題になっていたレイバン等のセールイベントでした。
 
*まず、カレンダーにスパムイベントが入り込んでいても「欠席」ボタンを押してはいけません。イベントのデータが残ってしまいます。また「欠席」ボタンを押したけどカレンダーに表示されてないという場合は「メニューバー → 表示 → 欠席するイベントを表示」で目視することができます。
 
 
>カレンダーのお知らせ「Ray-ban&Oakley Sunglasses...」が通知されました。

f:id:coo963:20161130190128p:plain

 

>カレンダーを開くと見知らぬ予定(赤いアンダーラインの部分)が入っています。

f:id:coo963:20161130190207p:plain

 

>ねんのため「情報を見る」を開いてみます。

f:id:coo963:20161130190313p:plain

 

>すると、主催者が却那さん(知らない人)で、ブラックフライデーのセールに参加しましょう的なお誘いです。
*ここでは何もしません。「仮承諾」も「欠席」も「出席」も、もちろんアドレスも何もクリックせず、左上のバッテンで情報を閉じます。

 

f:id:coo963:20161130190431p:plain

 

 >こちらで確認した場合も同様、どのボタンもクリックしません。

f:id:coo963:20161130190508p:plain

 

----- ここからが削除手順です。

01)カレンダーのファイルから「新規カレンダー」を作成します。 

f:id:coo963:20161130190549p:plain

 

02)既存カレンダーの下に新しいカレンダー(名称未設定のままでOK)ができます。 

f:id:coo963:20161130190729p:plain

 

03)スパムイベントの「カレンダー」を「名称未設定」へ移動させます。

f:id:coo963:20161130190801p:plain

 

04)スパムイベントだけが入った「名称未設定」のカレンダーを削除します。

f:id:coo963:20161130190837p:plain

 

05)ポイントは「通知せずに削除」で削除することです。「削除して通知」を選ぶとアドレスが生きているという返事になってしまいます。文頭で書いた「欠席」を押さない!と同様に注意しましょう。

f:id:coo963:20161130203107p:plain

 

 

アカウントの削除:BASE

 

覚えてたつもりで忘れてるネットサービスってありませんか。わたしは個人で作成したSNSECサイトelectronic commerce site:オンラインショップ、インターネットバンキング、コンテンツサービス等)で、登録してることは覚えてるけど、ページを作成してみただけで無駄に放置してるアカウントがいくつもあります。
 
 
これって目に見えたら四方八方ゴミの山ってことかも!と思いはじめたら気持ち悪くなってきました。死んだ時に恥ずかしい痕跡を残さないように(まだ死にません。恥ずかしくないかもしれません。)ちょっとづつ消し去ることにしました。その手順の防備録です。
 
 ということで、まずオンラインショップのBASEから:
 
便利なネットショップサイト「BASE(ベイス)」ですが、メールアドレスの変更や取り扱い商品の変化で、別のアカウントで新たにOPENさせてしまったので使っていないショップの方をアカウントごと削除します。
 
 
 
(1)BASE(ベイス)へアクセスします。

https://thebase.in/

f:id:coo963:20161006003505p:plain

 
 
 
(2)削除する方のIDとパスワードでログインします。

f:id:coo963:20161006003506p:plain

 
 
 
(3)ログインすると右上は「ショップ管理」になります。そして最下部の「ヘルプ」をクリック。

f:id:coo963:20161006003507p:plain

 
 
 
(4)「ヘルプ」画面に映ったら、左下の「その他」をクリックします。

f:id:coo963:20161006003508p:plain

 
  
(5)「退会するにはどうしたらいいでしょうか?」の「こちら」をクリックします。

f:id:coo963:20161006003509p:plain

 
 
(6)退会の理由を入力し「退会する」をクリックします。

f:id:coo963:20161006003510p:plain

 
 
(7)アカウントの削除が完了すると、ログイン画面に戻ります。おしまい。

f:id:coo963:20161006003511p:plain

 
まずひとつ片付けることができました。 20161005